カラコンのBCとは?BCは違っても大丈夫なのか?

カラコンのBC

カラコンは種類によってレンズサイズが違いますよね。

レンズ直径・着色直径の他に、BCというものがあります。

この記事ではカラコンのBCについて解説しています(#^.^#)

「BCってそもそも何?」

「BCは違っても着けれるの?」

こういった疑問を解決できる内容になっています。

 

カラコンのBCとは?

BCとはレンズの曲線のことを指します。

ベースカーブ(Base Curve)の略称です。

BCの値が大きいほど、レンズ曲線が緩やかになります。

例 : BC8.6よりBC8.9の方が丸みが緩やか

 

そして画像を見てもらうと分かりやすいですが、レンズ直径(DIA)はこの丸みがかった状態で測られています。

そのためBCが大きい(緩やか)ほど、レンズ直径も大きくなります!

DIA14.5mmのカラコンにBC8.9が多いのもこれが理由です。

 

BCは違っても大丈夫?8.6が8.9を着けれるの?

ここが本題ですね。

結論から言えば、カラコンのBCは違っても着けれます◎

カラコンはソフトレンズが主流なので、レンズが柔らかいため多少違っても問題ありません。

*ハードはダメです。BCがちゃんと合ってないと目を傷つけたりするため。

 

基本的な考え方としては、

・BCが大きいと、丸みが緩やかなので圧迫感はないけどズレやすい。

・BCが小さいと、ズレにくいけど目を圧迫してしまう。

 

<参考例>

BC8.6に人はBC8.7や8.9は着けても問題ありません。

ただし、この場合は眼球の丸みよりもカラコンの丸みの方が緩やかなのでズレやすい可能性があります(;^ω^)

 

気を付けたいのはBCが小さいものを付ける場合です。

例えばBC8.9mmの人がBC8.6を付けると、眼球よりもカラコンの丸みがきついのでカラコンが眼球を圧迫してしまいます。

その結果、目が酸欠状態になりやすいのでドライアイや眼球を傷つける恐れがあるからです( ;∀;)

 

ただソフトレンズなのでそこまで気にする必要はないのかなとは思います。

口コミやブログなどでも「BC8.9だけどBC8.6のカラコンを愛用している」という人も多いので(;^ω^)

この辺は実際に着けてみて違和感があったり目が痛いなど症状があった場合は、使うのをやめるという判断をしてもらうのが1番いいと思います。

 

自分のBCが分からない場合!

「自分のBCが何mmなのか知らない」という人も多いんじゃないでしょうか?

正確な数値を知りたいという人は眼科に行きましょう!

眼科に行って「自分のBCが知りたいです」と言えば、測定してもらえます(#^.^#)

 

<眼科に行くのが面倒な場合>

日本人のほとんどはBC8.6~8.7だそうです。

そのため基本的にはBC8.6かBC8.7のカラコンを買えば違和感なく着けれるはずです◎

それでなんかきついなぁ~て思うようであればBCがもっと広い可能性があるので、そういった場合は眼科で測ってもらうことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。